このページの先頭です
このページの本文へ移動

高齢者・障害者・ひとり親世帯向けの入居相談窓口

ページID:419165971

更新日:2022年4月19日

台東区では、高齢者や障害者、ひとり親世帯など、年齢や身体状況等の理由により、住まい探しでお困りの方を対象に、民間賃貸住宅への入居相談窓口を開設しています。  

1 入居相談窓口の流れ

入居相談窓口では、以下の流れで、民間賃貸住宅をお探しする支援をおこないます。
(1)物件の希望条件等をお聞きし、区から本事業の協力不動産店に該当物件があるか照会します。
(2)該当物件がありましたら、区を通してご相談者に物件情報を提供します。
(3)実際に物件をご覧になる場合は、ご自身で直接不動産店にご連絡のうえ、手続きをおこなってください。

2 利用できる方

次の1~4のすべてに該当する方

1 台東区内に居住している方
2 次の(1)から(3)のいずれかに該当する方
(1)高齢者世帯・・・65歳以上の方を含む世帯
(2)障害者世帯・・・身体障害者手帳(1級から4級)もしくは愛の手帳又は精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方がいる世帯
(3)ひとり親世帯・・18歳未満の子と父、母で構成される世帯
3 在宅で自立した日常生活が営める方
4 住宅探しに困っている方

3 相談日時

月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時まで
お電話での相談も可能です。お気軽にお問合せください。
来庁される場合は、事前にご予約いただくとスムーズです。(予約優先)

4 ご注意いただきたいこと

・この制度は物件をあっせんするわけではなく、物件情報の提供をおこなうものです。
・条件等により情報の提供が無い場合もありますので、ご了承ください。
・お部屋のご契約は、ご本人におこなっていただきます。

5 入居相談窓口リーフレット

こちらからリーフレットをダウンロードできます。

6 住まいをお探しの方は「セーフティネット住宅情報提供システム」をご覧ください 

・高齢者、障害者、ひとり親世帯など、住まい探しにお困りの方の入居を目的とした賃貸住宅の登録制度があります。
・登録された住宅は国土交通省の管理する外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。専用WEBサイト(外部サイト)から検索できます。

7 関連リンク

自己都合や責任によらない理由により立ち退きを受けた際に、転居費用の一部を助成します。

民間賃貸住宅契約時に家賃債務保証会社を利用した場合に、初回保証料の一部を助成します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市づくり部 住宅課 庶務・居住支援担当

電話:03-5246-1468

ファクス:03-5246-1319

本文ここまで

サブナビゲーションここまで