このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
台東区
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • 文化・観光情報
  • 区政情報
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

保険料の納付方法

更新:2017年12月11日

保険料の納付方法

 日本年金機構から送られる国民年金保険料納付書で、金融機関や郵便局、コンビニエンスストアなどで納める方法と、口座振替、クレジットカード払い等で納める方法があります。また、前納制度を利用すると、保険料が割引きになりお得です。

納付方法についてのお問合せは
 ねんきんダイヤル 電話:0570-05-1165(ナビダイヤル)
 050で始まる電話からは 電話:03-6700-1165

保険料の納付が困難な場合

 第1号被保険者(任意加入者を除く)で、所得が少なく保険料を納めることが困難なときは、
 ・本人確認できるもの
 ・年金手帳
 ・印鑑
を持参のうえ、区役所国民年金係免除(全額・4分の3・半額・4分の1)の申請をしてください。
 申請をして承認を受けると、保険料の全額または一部の納付義務が免除され、次のような利点があります。

  • 1. 年金受給資格期間に算入されます(部分免除の方は、免除されなかった残りの部分を納付した場合に受給資格期間に算入されます) 。
  • 2. 年金額を計算するときに、全額免除では2分の1、4分の3免除では8分の5、半額免除では4分の3、4分の1免除では8分の7が(部分免除の方は、免除されなかった残りの部分を納付した場合)保険料を納めたものとして扱われます (21年3月分以前はそれぞれ3分の1、2分の1、3分の2、6分の5となります)。
  • 3. 過去10年以内の免除期間については、一定の金額を加算して保険料をさかのぼって納めることができます。

学生には納付特例制度があります

 20歳以上の大学(院)・短大・専修学校等の学生で、前年の本人所得が一定額以下である場合、申請すれば在学期間中の保険料の納付を猶予できる「学生納付特例制度」が受けられます。
 ・本人確認できるもの
 ・年金手帳
 ・印鑑
 ・学生証
を持参のうえ、区役所国民年金係で申請してください。学生納付特例期間は老齢基礎年金の受給資格要件に算入されますが、年金額の計算期間には入りません(後から納めた場合は計算に反映されます)。

50歳未満の方には納付猶予制度があります

 所得が低い50歳未満の方は、所得の高い世帯主(親等)と同居中で、保険料免除が受けられない場合でも、保険料の納付を猶予する「納付猶予制度」が受けられます。
 ・本人確認できるもの
 ・年金手帳
 ・印鑑
を持参のうえ、区役所国民年金係で申請してください。納付猶予で承認された期間は老齢基礎年金の受給資格要件に算入されますが、年金額の計算期間には入りません(後から納めた場合は計算に反映されます)。

お問い合わせ

区民課国民年金係
電話:03-5246-1262

tbc 2023

本文ここまで

サブナビゲーションここまで

このページのトップに戻る以下フッターです。

お問い合わせ

台東区役所

〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号 電話:03-5246-1111(代表)
Copyright © Taito City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る