このページの先頭です
このページの本文へ移動

密集住宅市街地整備促進事業(谷中二・三・五丁目)

ページID:317465987

更新日:2020年12月16日

はじめに

 谷中二・三・五丁目地区は、地区のほぼ全域が、震災、戦災の被害を受けていないため、昔ながらの下町情緒を残していますが、その反面、木造の住宅が密集しており、防災性の向上が課題となっています。
 仮に、阪神淡路大震災と同程度の地震が発生した場合は、建物の多くが焼失し、建物の倒壊や火災の延焼により、地域住民の相当数が避難できなくなるなど、甚大な被害を受けることが推測されています。

事業の進め方

 課題を解決するにあたっては、土地区画整理事業のように街を抜本的に整備し直すのではなく、従前の道路、公園や建物の配置、住民の生活やコミュニティーなど、まちの伝統や良さを生かしつつ、区と地域住民との協働により、防災、住宅、住環境で問題のある部分を、住民の合意を得ながら、少しずつ改善して地域の防災性を高めていきます。

事業のあらまし

谷中二・三・五丁目地区

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域整備第三課

電話:03-5246-1365

ファクス:03-5246-1359

本文ここまで

サブナビゲーションここまで