このページの先頭です
このページの本文へ移動

原野商法の二次被害にご注意ください!

ページID:598043745

更新日:2018年5月24日

『原野商法』とは、値上がりの見込みがほとんどないような原野や山林等の土地を、将来値上がりするかのように偽って販売する手口です。

過去に原野商法の被害にあった人や、それらの土地を相続した人に、「土地を高く買い取る」と持ちかけ、「手続費用」、「税金対策」などといった名目でお金を請求するが、実際は新たな原野など別の土地を購入させるなどの被害が発生しています。

山林や原野は価値がない場合がほとんどです。このような話があっても、事業者の話をうのみにして、安易に契約することのないよう、注意しましょう。
不安に感じたり、困った時は、台東区消費生活センターにご相談ください。

参考サイト

お問い合わせ

台東区消費生活センター

電話:03-5246-1133

本文ここまで

サブナビゲーションここから

厳選メニュー

  • 子育て・若者支援
  • 高齢・障害福祉
  • 健康づくり
  • 観光

よくある質問

    消費生活

サブナビゲーションここまで