*

台東区ヴァーチャル美術館では、区が所蔵する美術作品(日本画 油画 版画)を紹介いたします。

敦煌莫高窟壁画第220窟 南壁 阿弥陀浄土変相部分 敦煌莫高窟壁画第220窟 南壁 阿弥陀浄土変相部分
敦煌莫高窟壁画第220窟 南壁 阿弥陀浄土変相部分 敦煌莫高窟壁画第220窟 南壁 阿弥陀浄土変相部分

敦煌莫高窟壁画第220窟 南壁 阿弥陀浄土変相部分(初唐)
國司 華子

( 昭和63年度 86.0cm × 165.0cm )

画像をクリックすると拡大します

壁画について 唐代になると浄土図が多く描かれるようになる。中でも阿弥陀如来を主尊とする西方浄土図の数が最も多く、薬師変相がこれに次ぐ。作風は写実性が増し、仏たちは豊満な肉体となり目鼻立ちは中国的になる。
南壁は3層に分かれている。下層であるこの作品は舞人や楽人でうめられている。現世の悦楽的な雰囲気さえ感じさせる極楽の風景である。
制作者の紹介 1987 年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1989 年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
現在日本美術院特待
主な展示会 1990年より、院展出品 他 個展、グループ展多数
受賞歴 1991 年全国更生保護婦人連盟会長賞
1992 年法務大臣賞
2002 年春の院展 日本美術院賞
2005 年院展 日本美術院賞大観賞、天心記念茨城賞  等
*