このページの先頭です
このページの本文へ移動

建築物における液状化対策

ページID:597197208

更新日:2019年7月5日

建築物における液状化対策に関する相談・資料閲覧について

 平成23年3月に発生した東日本大震災では、震源から遠く離れた東京都内でも臨海部だけでなく内陸部においても液状化が発生し、木造住宅などに建物被害が発生しました。

 東京都では、地盤の液状化による建物被害を踏まえ、地盤工学などの専門家から成る東京都建築物液状化対策検討委員会(以下:委員会)を同年7月に設置し、液状化対策について検討を進めてまいりました。
 このたび、委員会の検討報告を基に、建築物における液状化対策を東京都がまとめましたので、下記の関連情報より、ご確認ください。

 また、区の窓口でも、液状化対策についての相談や、液状化の可能性を調べるための地盤調査データ等の閲覧ができるようになりました。ご利用ください。 

お問い合わせ

建築課構造防災担当

電話:03-5246-1335

ファクス:03-5246-1359

本文ここまで

サブナビゲーションここまで