このページの先頭です
このページの本文へ移動

再生可能エネルギー機器等助成金(戸建住宅、共同住宅向け) ※令和4年度分一部受付終了

ページID:341085173

更新日:2022年10月3日


家庭における再生可能エネルギー機器等の導入に対する助成制度です。
 

お知らせ

 
「共同住宅共用部用LED照明改修」は、予算額に達したため、令和4年度の受付を終了しました。次回の受付開始は、令和5年度(令和5年4月~)を予定しています。
 
※下記の「太陽光発電システム」「家庭用燃料電池(エネファーム)」「家庭用蓄電池システム」については、引き続き申請を受け付けています。
 


※必ず、工事前に申請をして下さい。
※工事完了予定日の概ね3か月前から申請することができます。
※交付決定日から3か月以内(年度末に係る場合は申請した年度の最終開庁日まで)に工事完了報告書等を提出する必要があります。
※過去(緑化・高反射率塗料施工は過去10年間)に同一のメニューについて助成を受けている場合は申請できません。

1.太陽光発電システム 

区内の戸建住宅及び共同住宅共用部における太陽光発電システム導入に対して助成します。

太陽光発電システムについて

・クリーンなエネルギー源を用いるので、CO2排出を抑えることができます。
・4kwのシステムを設置した場合、一般家庭の約70%の電気をまかなうことができます
 (※設置状況等、諸条件により発電量は異なります)
・発電した電気を電力会社へ販売することができます。
 

助成対象要件等

助成対象機器 助成対象要件 助成金額
(1)戸建住宅用
太陽光発電システム
(2)共同住宅共用部用
太陽光発電システム
・一般財団法人電気安全環境研究所(JET)の太陽電池モジュール認証を受けたものまたはそれに準じた性能を持つと区が認めるものであり、系統連系型の太陽光発電システムであること。
・共同住宅共用部用にあっては、共用部の電力供給又は電力会社への売電のために設置するものであること。
(1)戸建住宅用
出力1kwあたり5万円(上限20万円)
(2)共同住宅共用部用
出力1kwあたり5万円(上限50万円)

 
◆◇太陽光発電システムの導入を検討されている方向けに、無料のソーラー診断を行っていましたが、
  予算額に達したため、令和4年度の無料ソーラー診断の受付を終了しました。
 

リンク

建物ごとに太陽光発電システムや太陽熱利用システムに適しているかどうか一目でわかるようになっています。

2.家庭用燃料電池(エネファーム) 

区内の戸建住宅における家庭用燃料電池(エネファーム)の導入に対して助成します。

家庭用燃料電池について

・都市ガス、LPガス、灯油などのエネルギーから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させ、水の電気分解の逆の原理で発電します。また、その際に出る熱を使ってお湯を沸かします。
・発電していないときや家庭内の消費電力が定格出力を越えるときだけ、電力会社からの電気を使用し、エネルギーを無駄なく効率的に使います。
・家庭によって異なる発電とお湯の使用時間帯を学習し、自動で生活スタイルに合った運転をします。
 (※諸条件により発電量は異なります)
・バックアップの熱源機が稼働するので、お湯切れの心配がありません。
・一般的な家庭の約5~7割の電気をまかなうことができます

助成対象要件等

助成対象要件 助成対象要件 助成金額

家庭用燃料電池
(エネファーム)

一般社団法人燃料普及促進会(FCA)の指定を受けたものまたはそれに準じた性能を持つと区が認めるもの

1台14万円
(1台まで)


3.家庭用蓄電池システム

区内の住宅における蓄電池システム導入に対して助成します。

家庭用蓄電池システムについて

・家庭用蓄電池システムは、太陽光発電システムや家庭用燃料電池(エネファーム)で発電した電力を蓄えることができ、電力の有効活用や非常用の電源として役立ちます。
・自家消費を促進し、電力系統の負荷を低減できます。

助成対象機器 助成対象要件 助成金額
家庭用蓄電池システム ・蓄電池、インバータ及び充電器により構成されるシステムであり、太陽光発電システム又は家庭用燃料電池と常時接続するリチウムイオン蓄電池であること。
・一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が指定したもので、太陽光発電システム又は家庭用燃料電池により発電した電力を蓄電できるものであること。
蓄電容量(小数点第3位を四捨五入)に応じ
1万円/kWh
(上限10万円)

4.共同住宅共用部用LED照明 ※令和4年度分受付終了

区内の共同住宅共用部におけるLED照明導入に対して助成します。

共同住宅共用部用LED照明について

蛍光灯や白熱灯と比べて寿命が長く、消費電力が少ないため、効果の高い省エネが実践できます。
LED照明への改修を行った共同住宅では、平均で約62.9%、年間約4,360kwhの電気使用量の削減(照明部分)につながっています。(平成26年度から令和元年度助成実績データより)
また、電気料金の削減に加え、電球交換の手間が減った居住者の省エネ意識が高まった等の感想もいただいています。

助成対象要件等

助成対象機器 助成対象要件 助成金額
共同住宅共用部用LED照明 ・新築・増改築に伴う工事ではないこと。
・共同住宅の共用部に導入すること。
・工事費用が10万円(税抜)以上であること。
・既存の照明器具の取替工事であること。既存の照明器具を利用、または一部を改修、改造する場合は「LED照明導入に関する確認書(施工業者記入)」の確認事項を満たしていること。
(1)直管型LEDランプ
固有エネルギー消費効率60lm/W以上であり定格寿命が4万時間以上であること。
(2)直管型以外のLEDランプ
・定格光束が600lm以上2,200lm未満の場合は、固有エネルギー消費効率30lm/W以上、定格光束が2,200lm以上の場合は60lm/W以上であること。(定格光束が600lm未満の場合は全て対象)
・定格寿命が3万時間以上であること。
(3)LED誘導灯
・都内の中小規模事業所における地球温暖化対策推進のための導入推奨機器指定要綱(*) 別表4 LED誘導灯器具の指定基準」を満たすものであること。
(4)LED非常灯
・建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第126条の5に基づく製品であること。

工事費用(税抜)×20%
(上限30万円)


5.申請について

対象者

区内の住宅(店舗併用を含む)に、対象機器を設置しようとする個人、法人または集合住宅の管理組合等

要件

・住民税(事業所にあっては事業税、法人税及び所得税)を滞納していないこと。
・個人にあっては「我が家のCO2ダイエット宣言」、法人等にあっては「我が社のCO2ダイエット宣言」をしていること。
・機器は新たに購入する未使用のものであること。
・区が各機器等の利用状況を調査する際に協力すること。
・助成金の交付決定を受けた後、3か月以内(年度内)に工事代金の支払いを終え、完了報告書等を提出すること。

申請書等ダウンロード

上記再生可能エネルギー機器等助成金の申請の際に必要な書類は以下のリンク先をご覧ください。

◆◆◆住宅向け省エネ機器助成金申請書等ダウンロードはこちら◆◆◆

手続きの流れ

※以下の期間は目安です。


  

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

〒110-8615
東京都台東区東上野4丁目5番6号
台東区役所環境課 普及啓発担当
電話:03-5246-1281
FAX:03-5246-1159

tbc4029

本文ここまで

サブナビゲーションここまで