このページの先頭です
このページの本文へ移動

高反射率塗料施工助成金制度(住宅・事業所向け)

ページID:611148630

更新日:2023年4月1日

    
区内にある建物の屋根・屋上部分における高反射率塗料施工に対する助成制度です。
 
※台東区のエコ助成制度は、対象の建物の用途により制度が異なりますのでご注意ください。
 


※制度のご案内をよく確認してから申請してください。
工事前に申請をしてください。
※交付決定日から3か月以内(年度末に係る場合は申請した年度の最終開庁日まで)に工事完了報告書等を提出する必要があります。
※過去10年間に高反射率塗料施工助成を受けている場合は助成できません。

1.高反射率塗料について


出典:一般社団法人日本塗料工業会

・太陽光中の近赤外線領域を効率的に反射して、昼間の建築物への蓄熱を抑制し、夜間の大気への放熱を緩和する塗料です。
・一般的な塗料に比べ、屋根の表面温度が15℃程度低くなります。(塗料の色やその他諸条件により効果は異なります)
・夏場の室内気温の上昇を抑え、エアコンの効きが良くなるなどの省エネ効果が期待でき、夏季の空調の電気使用量を約7%削減します。(出典:日本建築仕上材工業会/日本塗料工業会による実験値)

2.助成対象要件等

助成対象機器 助成対象要件 助成金額
高反射率塗料

・屋上又は屋根部(笠木・立上りを含む)等に塗布すること。 ※この他の箇所を塗布する費用は対象外
・国内の第三者機関(一般社団法人日本塗料検査協会、環境省ETV等)によおける日射反射率の測定値が近赤外域で40%以上の高日射反射率塗料、50%以上の高日射反射率防水塗料又は防水シートであること。

工事費用(税抜)×20%
(上限15万円)

3.申請について

対象者

区内の建物に対象となる塗料を塗布をする個人、法人又は集合住宅の管理組合等

要件 ※全ての要件を満たす必要があります

・区内の建物に新規に対象機器等を導入すること。※改良・増設は対象外 ※施工業者の住所は問いません
・建物が自己所有でない又は共有している場合は、所有者(共有者)の承諾を得ていること。
・対象機器は新たに購入する未使用のものであること ※中古・リースは対象外
・住民税(法人等にあっては事業税)を滞納していないこと。
工事の前に申請し、交付決定後に工事を行うこと。
・過去10年間に高反射率塗料施工助成を受けていないこと。
・販売、譲渡等を予定している建物への施工ではないこと。
・個人にあっては「我が家のCO2ダイエット宣言」、法人等にあっては「我が社のCO2ダイエット宣言」をしていること。
・区による施工後の状況に関する調査に協力すること。

申請書等ダウンロード

高反射率塗料施工助成金の申請の際に必要な書類等は以下のリンク先をご覧ください。

◆◆◆住宅向けはこちら◆◆◆
 
◆◆◆事業所向けはこちら◆◆◆
 

手続きの流れ

※以下の期間は目安です。


 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

 〒110-8615 東京都台東区東上野4丁目5番6号
 台東区役所環境課 普及啓発担当
 電話:03-5246-1281(直通)
 FAX:03-5246-1159

tbc4028

本文ここまで

サブナビゲーションここまで