このページの本文へ移動

令和2年度 「 意味のある大きな変化 意味のない大きな変化 」 加藤 健一

ページID:297484485

意味のある大きな変化 意味のない大きな変化

意味のある大きな変化 意味のない大きな変化

意味のある大きな変化 意味のない大きな変化

意味のある大きな変化 意味のない大きな変化

制作者より

白は余白で無く絵の一部としてのものであり、その状態が完成の姿である。色や形は絵のためのもので、それが一番の意味でもある。

この作品は描いている上でも完成図は変化していた。それがどうなるかは描いている本人でさえ分からないことだった。この絵はここで完成として留まることになった。

作者の紹介

2017年

東京藝術大学絵画科油画専攻 入学

2021年

東京藝術大学絵画科油画専攻 卒業

主な受賞歴

2019年

芸大アートプラザ猫展 準猫大賞

2021年

台東区長賞