このページの先頭です
このページの本文へ移動

水銀を含むごみの出し方にご注意ください

ページID:719623613

更新日:2020年12月10日

 令和2年11月22日、有明清掃工場1号炉において、水銀を含むごみの混入が原因で、焼却炉を停止しました。
 これまでにも、水銀を含むごみが混入していたことが原因で、23区内の清掃工場の焼却炉を停止する事態が複数回発生しています。

 焼却炉の停止について、詳しくは下記のリンクをご覧ください。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京二十三区清掃一部事務組合ホームページ(外部サイト)

 清掃工場の焼却炉が停止すると、通常通りの清掃工場への搬入ができなくなり、ごみの収集時間が遅れてしまうなどごみの処理に多大な影響を及ぼします。また、復旧のために多大な費用が必要にもなります。
 区民・事業者のみなさまにおかれましては、改めて水銀を含むごみの出し方をご確認いただき、正しい分別方法での排出にご協力をお願いいたします。

水銀を含むごみの出し方

※処理を民間業者に委託している事業者の方は、委託業者にご確認ください。

水銀を含む製品 出し方
体温計 燃やさないごみにお出しください。
血圧計 燃やさないごみにお出しください。
蛍光灯 燃やさないごみにお出しください。
(ご家庭から出るものは区内の電気店で回収しています。詳細は脚注1をご覧ください。)
乾電池 燃やさないごみにお出しください。
(ご家庭から出るものは区の施設に設置している回収ボックスにお出しください。詳細は脚注2をご覧ください。)
充電式電池 販売店等の回収ボックスへお出しください。
詳細は有限責任中間法人JBRC(脚注3)のホームページをご覧ください。
ボタン型電池 販売店等の回収ボックスへお出しください。
詳細は社団法人電池工業会(脚注4)のホームページをご覧ください。

お問い合わせ

清掃リサイクル課

電話:03-5246-1018

ファクス:03-5246-1159

本文ここまで

サブナビゲーションここまで