このページの先頭です
このページの本文へ移動

木造阿弥陀如来立像(称念寺)

ページID:719062374

更新日:2010年11月4日

称念寺
平成5年度登載

称念寺は、浄土真宗高田派じょうどしんしゅうたかだはの寺院です。慶長3年(1598)日本橋に起立し、正保元年(1644)現在地へ移転しました。

木造阿弥陀如来立像は、称念寺の本尊です。像高78.2センチメートル、ヒノキ材で、割矧造わりはぎづくりという構造で制作されています。制作年代は、ふっくらとした面の取り方、左足を前に出す形、衣の線にやや形式化した固さが見られることなど、鎌倉時代後期の特徴が表われています。

また、本像の底部には、江戸時代の天明3年(1783)に修理を行なった旨を記し、その中に法橋ほっきょう洞月顕信という名があります。この顕信は当寺所蔵の仏涅槃図を描いた絵師で、本像修理の際に漆等の塗りを担当したものと思われます。

本像は、鎌倉後期制作という古い仏像である上、江戸時代の修理のさまをも伝えてくれる貴重な仏像です。

本像は非公開です。

木造阿弥陀如来立像
木造阿弥陀如来立像

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)

電話:03-5246-5828

ファクス:03-5246-5814

本文ここまで

サブナビゲーションここから

厳選メニュー

  • 子育て・若者支援
  • 高齢・障害福祉
  • 健康づくり
  • 観光
サブナビゲーションここまで