このページの先頭です
このページの本文へ移動

木造観音菩薩立像

ページID:525811002

更新日:2010年11月4日

寛永寺清水観音堂
平成19年3月登載

 本像はヒノキ材の寄木造で、玉眼を嵌め入れます。肉身部は金泥塗り、衣部は漆箔です。右足柄の外側に「大したかやか/勘十良」の墨書がみられますが、この墨書は近世修理時のものと考えられます。作風は文治5年(1189)運慶作、浄楽寺阿弥陀三尊像脇侍(神奈川県横須賀市)や清水寺観音・勢至菩薩立像(京都府京都市)などと良く似ていることから、鎌倉時代初期の運慶派の制作と考えられます。しかし、本像の制作年代はそれらよりやや下がり、十三世紀前半ころと推定されます。
 本像の伝来は明らかでありませんが、現在は清水堂須弥壇、向かって左方の厨子内に安置されています。
 清水観音堂の本尊である木造千手観音菩薩坐像(秘仏)は、十三世紀の制作で、東叡山諸堂建立記によると京都清水寺の僧義定房某(東叡山之記は義足房某とする)が持参した像を主馬判官盛久が天海に献じたものと伝えます。清水観音堂には、寛文3年(1663)銘の義乗院春海の位牌が安置されていることから、義定房某との関連が推定されます。
 本像は、区内に現存する木造観音菩薩立像の中では、比較的古いものに属し、ことに運慶派の正統的な作風を伝えるものとして貴重です。

木造観音菩薩立像
木造観音菩薩立像

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)

電話:03-5246-5828

ファクス:03-5246-5814

本文ここまで

サブナビゲーションここから

厳選メニュー

  • 子育て・若者支援
  • 高齢・障害福祉
  • 健康づくり
  • 観光
サブナビゲーションここまで