このページの先頭です
このページの本文へ移動

木造親鸞上人坐像

ページID:741624551

更新日:2010年11月4日

称念寺
平成5年度登載

 本像は、浄土真宗の開祖親鸞の坐像です。像高は43.8センチメートル。目は細く切れ長で、口をすぼめ、鼻の下部に皺のある親鸞の特徴的な顔貌を表現しています。
像の底部に仏師康以ぶっしこういという銘文があります。康以という人物の経歴は明らかでありませんが、愛知県岡崎市の浄土真宗満性寺には明暦3年(1657)に康以の制作した親鸞像があります。この像は、称念寺の親鸞像とよく似ており、ふたつの親鸞像の作者康以は同一人物と思われます。そして、満性寺親鸞像は明暦3年の制作が確かですので、称念寺の親鸞像も同じ頃(17世紀半ば)の制作と推定できます。

このように、本像は作者の名が明らかで、区内に現存する親鸞像の中でも比較的古い時代に制作されました。加えて、親鸞の顔の特徴をよく表現していることなど、優れた肖像彫刻のひとつで、貴重な文化財です。

本像は非公開です。

木造親鸞上人坐像
木造親鸞上人坐像

お問い合わせ

生涯学習課文化財担当(生涯学習センター)

電話:03-5246-5828

ファクス:03-5246-5814

本文ここまで

サブナビゲーションここから

厳選メニュー

  • 子育て・若者支援
  • 高齢・障害福祉
  • 健康づくり
  • 観光
サブナビゲーションここまで